スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
縁づくまでの道 イサコ編
ユキオとイサコ
すぐ調子に乗るのが、ユキオの悪いとこ。ほら、イサコさんが嫌がってますよ。

イサコ
「やーめーろーやー」

今となっては、日々このようにほほえましい(?)光景を繰り広げてくれるふたりですが、出会ったときの相性の悪さといったらもう!……ま、一方的にユキオがビビっていただけなんですがね。


入院から1週間。自力で離乳食を食べれるようになった仔猫は、無事に退院することができました。とは言え、骨折個所はあご。退院したての仔猫の顔は、不自然にのっぺりと平らで目も左右いびつにずれており、お世辞にも「かわいいねぇ」とは言い難い状況でした。
仔猫を助けたときにはその命を守りたい一心で、その後のことは「なんとかなるさ」ぐらいにしか考えていなかったわけですが、後にその自分の考えの甘さを思い知らされることとなります。

仔猫が退院してしばらくは、ユキオのメイン居住区であるリビングから離れた部屋で世話をしていました。エサは自分で食べられますがトイレがなかなか覚えられず、保温のために寝床に置いたアンカを包んだタオルは、1日に何度も何度も取り替えて洗濯しなければなりませんでした。また、退院当初から食欲だけは旺盛だったのですが、涙とくしゃみが止まらず、朝晩の薬が欠かせません。
仔猫の世話をしては、「何やってるんでつか!」と大鳴きするユキオと遊び、ひと段落して仔猫のもとに戻ればウンチとシッコで汚れたタオルが待っている……という生活がしばらく続きました。

さすがに自分がしんどくなってきたことと、ひとりにさせておく時間が長くなるにつれ甘えがひどくなるユキオがかわいそうになり、ふたりを引き合わせる決意をしたのは、仔猫を連れて帰って2週間が過ぎた頃でした。

なんとなく嫌な予感がしたので、初めてふたりを引き合わせるときは、スカさんにも立ち会ってもらいました。仔猫をかくまっている部屋にユキオを連れて行き、ケージ越しにふたりを対面させる。うまくいけば、子猫もケージから出してユキオと触れ合わせてみようかしらん?なんて思っていたのですが。
ふたりを対面させた瞬間、とりあえずユキオは、しっぽを爆発させて30センチくらい飛び上がりました。慌ててケージから離れる際、滑ってこけるほどのうろたえっぷり。あとはもう「シャー!」と威嚇の嵐。すぐさまスカさんがユキオを抱えあげ、すみやかに部屋から退場させたのでした。

チキンなユキオが仔猫を受け入れてくれるのは、容易なことではなさそう。とは言え、不細工な上にあごに爆弾抱えた仔猫(先生に「もしかしたら、将来的にあごが外れたりして手術が必要になることがあるかもしれない」と言われています)を引き取ってくれるような人が、そうそう簡単に見つかるとも思えない。ユキオはあんなにビビっていたけど、仔猫の方はユキオと遊びたそうなそぶりを見せていたし、なんとかならんもんだろうか……。そんな思いで、毎日少しずつユキオと仔猫を一緒にさせる時間を作り、ふたりの距離を縮める努力を続けてみたのです。


あれから2週間。
ユキオとイサコ
これぞ努力の賜物。

すっかり仲良くなったふたり。預かる命が倍になることに自分がきちんと責任持てるかどうかについては、何度も自問自答してみたけれど、「やるっきゃないっしょ」という答えしか出てこなかった。最大の難関である義父母の了承(うちは将来的に同居を考えているので、義父母の同意が欠かせないのです!)も、既成事実的な感じのアレでなんとか取り付けれたと思う、たぶん。

そんなようなわけで、ユキオの時のように「今日からは!」という明確な線引きがあるわけでもなく、なんとなく成り行きのような感じで今日までわが家にいる仔猫。たぶん、拾ってきた場所の地名からもじってつけた「イサコ」という名前で呼び始めた頃から、こうなることを薄々予感していたんじゃないかなと思うのです。わたしも、スカさんも。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
……ってことは、イサコの入院中にはもうこうなることが分かってたんだな。きっと。
| かこトーーク | comments(2) | |
スポンサーサイト
| - | - | |
こんばんわ!
昨日からイサコちゃんの『縁づくまでの道』
ずっと読ませていただきました。
一気に読んでしまいました。
そして カナメさんの勇気と行動力に驚かされました。

このブログを訪れたときは2匹とも保護した事など全く知りませんでしたから
こうゆう事を2回もしてしまう・・
できる、カナメさん、凄いです。
そして 深く考えさせられました。
誰でもできる事では 決してないのです。
自分は はたして カナメさんの真似ができるだろうか・・・
路上で見かけた仔猫を救出する事ができるだろうか

ペットショップで気に入ったから 飼う事にした・・
そんな安易な気持ちで猫を飼い始めた自分あ恥ずかしく思いました。

いろんな出会いがあるとは思うのだけど
2つの命を救ったカナメさん 沢山の愛情でよく育ちましたね。
2匹の写真を見ていて 思わず 良かったね!と
つぶやいてる私でした。
なんだか文章が めちゃくちゃになってしまいましたが
今の幸せ、本当に良かったですね。

最後にリンクありがとうございました。
私も貼らせていただきました。 
| 2009/11/05 | くぅナナ |
くぅナナさん自身が言われてるように、
いろんな出会いがあるのだと思います。
わたしの場合はたまたまそれが拾い猫だったというだけ。
ペットショップからくぅちゃんナナちゃんを迎え入れたくぅナナさんだって、
もしかしたらきっかけは安易だったのかもしれないけど
今2匹にささげている愛情はわたしがユキオとイサコにささげているものと
全然変わらないですよね♪出所が違っても、同じ命ですもん!
それでもやっぱりくぅナナさんの言葉、嬉しかったです。
あらためて頑張って2匹を育てよう、って思いました。ありがとうございます!
| 2009/11/06 | カナメ |










ISACO'S VOICE



【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

PROFILE

ユキオ ユキオ
2009年春生まれの日本男児。チョビヒゲとかぎしっぽがチャームポイントの白黒はちわれ猫。モンプチ缶を見るとヒーハー!してしまうが、実はとんでもないチキン・ハートの持ち主。

イサコ イサコ
2009年夏生まれのアメリカン。交通事故により右目に白内障を患う可憐な美少女(ブサカワ説あり)。おかーちゃんも手を焼くおてんば娘だが、ときに“猫もビックリ”のどんくささを発揮。

おかーちゃん カナメ
通称おかーちゃん、もしくはおかん。ユキオとの出会いにより突如として猫愛に目覚めたアラサー専業主婦。

おとーちゃん スカさん
通称おとーちゃん、もしくはおとん。動物園の飼育員になるのが夢だった根っからの動物マニア。

キャン太 キャン太郎
通称キャン太。2010年12月、新たにわが家の一員として参入。特技は空気を読むこと。生後9ヶ月にして20パウンドブラザーズにめでたく加入決定!

PR

ミチポケみっちょんさんのステキ企画。
イサコも絶賛参加中。


キジ集会もあるよ。

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.

  

COMMENTS

FAVORITE SITE

OTHERS

SPONSORED LINKS