スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
わたしの、懺悔
ロック
かつて実家で飼っていたわんこ、ロック。

なんかもったいつけてウダウダと良い子な発言をしていますが、わたしがユキサコの生涯に対してこれほど真剣に対峙しようと思っているのには理由があります。それはわたしがまだ、「責任」という言葉の重さを知らなかった頃の話……とてもとても長い話になります。


わたしが中学生の頃、友達が「捨て犬を5匹も拾ったので1匹もらってくれないか」と相談してきました。ちょうどその頃わが家では、わたしと弟に“犬飼いたいブーム”が訪れていて、週末に家族でペットショップを訪ねては「ハスキーはでかくなりすぎるよね」「シェットランド、高っ!」とかいうやりとりを繰り返していたところだったので、「どうせなら困っている友達に協力してあげればいいんじゃないか」という話になり、引き取ったのがこの子犬――ロックでした。
ロックを引き取って帰ったその日、段ボール箱に入れた彼を自分の枕もとに置いて寝たのですが、真夜中になってクーンクーンと鳴き出し、困り果てたわたしは自分の指を吸わせながらようよう眠りについたのを覚えています。

ロックは、おとなしい……とは言い難い性格でしたが、怒られればすぐに無駄吠えをやめる、比較的賢い犬でした。成犬になってからは体格も中型犬ほどのサイズになり、十二分に番犬として活躍してくれたものです。
そんなロックが、一度だけ怒られても吠えるのをやめなかったことがありました。当時、わが家と祖母の家は目と鼻の先にあり、たがいに一つの庭を共有していたのですが、ある冬の夜、パーキンソン病を患っていた祖母が薬の副作用で幻覚を見て家から飛び出し、庭で倒れたことがありました。真夜中のことだったので誰も気付く人がおらず、もしそのまま朝まで倒れていたら、おそらく命が危なかっただろうと思います。しかし、異変に気付いたロックが激しく吠え続け、おかしいと思った両親が庭に出て倒れている祖母に気付いたのでした。この時ばかりは、「ロックのお手柄だねぇ!」と家族みんなで褒めたたえたものです。

ロック

そんなロックも、生きていれば16歳になります。しかし、彼の生死を確かめることは、今となっては叶いません。
はじめの頃こそ、コロコロ走り回るロックと毎日のように遊んでいたわたしでしたが、いつしかロックの体が大きくなり力も強くなってくると、散歩や遊んでやることがだんだん億劫になってきました。高校生になった頃には部活や塾で帰宅が遅くなることを言い訳に、ほとんど散歩もしなくなっていたように思います。そして大学生になったわたしは県外で一人暮らしをはじめ、たまの帰省時にもロックの頭をひと撫でする程度――世話らしい世話など何一つしなくなっていました。弟には「姉ちゃんが拾ってきたのに、なんで俺ばっかりロックの散歩せなあかんねん!」と何度も文句を言われましたが、そのたびに「だってそこに住んでないんやからしょうがないやろ」と言い訳していたのを覚えています。

わたしが大学に進学して3年後、中四国地方で大きな地震がありました。築数十年以上経っていたわが家は大きな被害を受け、取り壊しが決定しました。その頃には祖母の体調が悪化し、入院を余儀なくされていたため、人の住まなくなった祖母の家に家族みんなで引っ越したのですが――そこにロックの居場所はありませんでした。
わが家を取り壊した跡地にマンションが建つことになり、庭は駐車場としてアスファルトで埋められてしまいました。祖母の家には小さな中庭もあったのですが、すでに他界していた祖父が大切に育てた草花が密生していて、ロックの犬小屋を置くスペースがありません。なにより、弟は翌年に県外への進学を控えており、入院中の祖母の世話で父も母も手一杯で、ロックの世話をする人がいなくなっていました。

ちょうどその頃、母が祖母の入院先の病院で「番犬になるような犬を探している」というおじいさんと出会いました。一人暮らしだが通院などで家を空けることも多く、不用心だから番犬が欲しいと話すおじいさんに、母はうちのロックをもらってくれないかと申し出たそうです。話はすぐに、そしてわたしの知らないところでまとまっていました。

わたしが帰省すると、もう、ロックはいませんでした。わたしに断りもなくロックをあげてしまったことを恨めしく思わなかったわけではないけれども、「自分の飼い犬」と呼べるほどの世話をしてこなかった自覚もあったため、わたしは口をつぐむしかありませんでした。結局、ロックとのお別れはできていません。
これは母から聞いた話なのですが、ロックをおじいさんに引き渡した後、彼は2度わが家に帰ってきたのだそうです。わが家からおじいさんの家まで、車でも30分ほどかかるらしいのですが、1度目はおじいさんから「犬がいなくなった」と連絡を受けた3日後に、2度目は連絡のあったその日に帰ってきたのだとか。家の裏口で「ただいま!」といわんばかりの顔で座っているロックを見たとき、両親ともたまらない気持ちになったのだと言います。こちらからもらってくれとお願いした犬だけに申し訳なさもあったそうですが、3度目に帰ってきたときには「しかたがないからやっぱりうちでなんとか飼っていこう」と覚悟もしていたそうです。けれど、3度目はなかった。「お願いして引き取ってもらったんだから、お前はもうおじいさんのところの子なんだよ。もう帰ってきたらダメよ」――そう言い聞かせた母の言葉を、賢いロックは理解したのだろうと思います。


その後、おじいさん自身が体調を崩されたのか、おじいさんと連絡をとることができなくなり、ロックの行方もわからなくなってしまいました。捨て犬のもらい手を探していたあの友人宅では、ロックの兄弟犬が今も元気に生きているそうなので、ロックもおじいさんの親戚などに引き取られて元気にやっているのかもしれません。できればそうであってほしいと、わたしの勝手な願いです。
ユキオを拾ったとき、ユキオを飼おうと決意したとき、いつもロックのことが頭をよぎっていました。「ロックとあんな無責任な別れ方をしたのに、また性懲りもなく新しい命を抱え込むの?」……何度も何度も自問自答したし、ロックに申し訳ない気持ちも後ろめたい気持ちもたくさんたくさんありました。

ユキサコ

でもだからこそ、今度の命は、最後までわたしが責任もって見届けたい。勝手な言い分だと思われるかもしれないけれど、それがわたしにできるロックへの償いでもあると思っています。
――これが、わたしの懺悔です。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
このブログをはじめた頃から、いつか告白しなければ……と思っていた話。ようやく形にできました。
| かこトーーク | comments(4) | |
スポンサーサイト
| - | - | |
涙なしには読みきれませんでした、会社で←

愛玩動物に対する懺悔、自分もたくさんあります。
実家の犬猫、金魚、大学猫、もちろん我が家の黒いのにも…

思い出せば申し訳なさで胸がいっぱいになるのですが
だから何?今できる事ならやってやんよ!って気持ちでやっていかなアカンなと
黒いのを膝に乗せて思うワケです。ぐーぐー(咽鳴

きっとロックくん、元気でいてくれてますよ。
賢い子ですもの、きっとカナメさんの気持ちも事情も感じとってくれてると思います。
もちろんユキサコちゃん達も。

うまく言葉に出来ず、ワタクシからは何も伝わってない気がしますが(涙

猫飼いだもの、前向きにまったり頑張りましょ。
| 2010/01/22 | 771 |
ロック君、元気でいてくれることを願います。

私にも、たっくさんの懺悔ありますよ。
いろいろな事情もあるんですよね。

でもね、そう、カナメさんの言うように、
今いる命をできる限り大切にしてあげればいいと思います。
| 2010/01/24 | みっちょん |
失敗があるから、次は同じことを繰り返さないように努力できるんですよ〜

先代の犬は、私もカナメさんと同じくらいの年頃の頃、しばらく顔を見ない内に
亡くなっていました。同じ家に住んでたのにね。
だから高齢になった、どんちゃんには足繁く会いに行っているのです。
| 2010/01/25 | リヴ |
>771さん
会社で泣かせてゴメン(笑
映画を見て思ったことの一つに「犬や猫を不幸にしているのは
むしろ犬や猫を好きな人たちだったりするのかもしれない」というのがあって、
かつて1匹の犬を不幸にした、犬が好きだったわたしの話をしてみました。
「好き」という気持ちは大切だけれど、安易な気持ちで命に対峙するのは
必ずしも正しいことではないと思っています。
接しているうちに、その命の重さと自分の責任の重さに気付ければいいんですけどね。
わたしのように失ってから気付く人や、無くしても気付かない人も多いと思うので。
申し訳ない気持ちに押しつぶされそうなときもありますが
そこでつぶされていくつかの命を見過ごすよりも、
罪悪感を背負いながらでも守れる命は守っていきたいと思います。
……根っこのところはそれぐらい強い気持ちのつもりでいますが、
日々の生活はちょうマッタリです(笑

>みっちょんさん
犬猫と接していると、結局人の都合を優先してしまうことが多いわけですが
その中でも自分なりの誠実さ、みたいのは貫きたいなと思っとるわけですよ。
それを人からエゴと呼ばれようとも、わたしはわたしなりにユキサコを幸せにするんじゃ!
……くらいの気概が必要なんだな、とようやく実感した
猫飼い歴6ヶ月のわたしです。まだまだ精進が必要じゃのー。

>リヴさん
そうなんですよね。
人間って、自分で失敗しないと本当の意味で学べない……そんな気がします。
でもいい意味で考えれば、失敗してもそれを次に活かせるよう努力できるのが
人間のいいところなのかも。まぁ、そう思ってないとキツイっていうのもありますが(苦笑
命はいつか尽きるものとして受け入れなければいけないけれど、
いつかくる別れの日にはせめて笑って送り出してあげれるような
そんな悔いのない接し方をしてあげたいですよね。
結局それって、人も動物も同じことなんですけどね……。
| 2010/01/25 | カナメ |










ISACO'S VOICE



【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

PROFILE

ユキオ ユキオ
2009年春生まれの日本男児。チョビヒゲとかぎしっぽがチャームポイントの白黒はちわれ猫。モンプチ缶を見るとヒーハー!してしまうが、実はとんでもないチキン・ハートの持ち主。

イサコ イサコ
2009年夏生まれのアメリカン。交通事故により右目に白内障を患う可憐な美少女(ブサカワ説あり)。おかーちゃんも手を焼くおてんば娘だが、ときに“猫もビックリ”のどんくささを発揮。

おかーちゃん カナメ
通称おかーちゃん、もしくはおかん。ユキオとの出会いにより突如として猫愛に目覚めたアラサー専業主婦。

おとーちゃん スカさん
通称おとーちゃん、もしくはおとん。動物園の飼育員になるのが夢だった根っからの動物マニア。

キャン太 キャン太郎
通称キャン太。2010年12月、新たにわが家の一員として参入。特技は空気を読むこと。生後9ヶ月にして20パウンドブラザーズにめでたく加入決定!

PR

ミチポケみっちょんさんのステキ企画。
イサコも絶賛参加中。


キジ集会もあるよ。

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.

  

COMMENTS

FAVORITE SITE

OTHERS

SPONSORED LINKS