スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
イサコ、容態その続報
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
もう、ダメかも・・・
週末はほぼしかばね状態だったイサコ。

これは痛みがどうこう……というより、服を着せられてるのがダメなんじゃないかと思い、けっきょくこちらの方法を採用してみた。結果、

どうも、ワンタン・イサコやで。
「ごはん、もりもり食べとるでー!」

俄然、活発に動き回るようになったイサコ嬢。やっぱり服がダメだったのね(汗)。とはいえ、
まだ少し、おなかいたいいたいやねん
やっぱり本調子ではない様子。

あしたはお天気やとええなぁ
「ワンタン」の文字が、心なしか切なく感じる……。

でもこのカップカラー、かなりいいようです。小回りがきくので、ケージの中もあまり不自由することなく動けるようだし(やわらかカラーでは、ひっかかりまくっていた)、視界を遮られることがほとんどないので、イサコ自身もほとんど嫌がらない。ま、難点を挙げるとすれば顔周りを足で掻くことができないくらいか。

カッカッカッ・・・
くるくるまわるワンタンの文字。

まぁそれは通常のカラーでも同じことだと思うので、もうしばらくイサコには我慢してもらわねばなるまい。あとは、ユキオがこのカップをかじるのをいかに阻止するか、だな……。

・・・もどかしいわぁぁあ!
「ほのかにいいにおいがするからって、かじらんといてほしいわぁ!」


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
あしたは更新おやすみしますー。
| ねこトーーク | comments(12) | |
イサコ、容体の報告
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
ずーーーーん・・・
「オナカイタイオナカイタイオナカイタイ……」

きのうは散々ついったでわめき散らした(不安と心細さに耐えきれなかった)おかーちゃんですが、どうにかこうにかマイ・スゥイート・エンジェル、イサコは無事に手術を終えて昨晩わが家に帰宅いたしました。……超グロッキーですがね

ぴしり
放っておくと、ずっとこの体勢で固まっている。


ユキオのときの教訓でやわらかカラー(上画像)を購入してあったのですが、イサコは視界がじゃまされるのがものすごく嫌なようで、「術後だから!安静にしないとダメだから!」とこっちが慌ててしまうほどに全力でカラーを外そうとするのです。で、やわらかカラーだけに素材が柔らかくて折り曲げられるので、イサコの視界に入らないように縁を折ってあげたのですが……折り返した部分を踏んでしまって上手に歩けないどんくさいイサコ……。
けっきょく、みっちょんさんに教えてもらったこちらのブログの記事を参考に、術後服を急きょこしらえたのでした。きのう一晩で、3回も作り直したことはヒミツ(やっぱ目分量じゃサイズが合わなさすぎた)。

じたばた
背中側はこんな感じ。イサコ嬢、思うように動けずお兄やんに八つ当たり中。

術後服、けっこういいみたいです。全然動かなくなるけどね。猫は背中にハンカチ一枚乗せただけでもまっすぐ歩けなくなる――と言いますが、どうやらイサコはそのタイプらしい。傷跡が痛むとかそういう問題じゃなく、ヨレヨレの千鳥足になって移動しております。まっすぐ立つのも難しいみたいでかわいそうなんだけど、どうしても笑ってしまう(ごめんよイシャコ!)。
1週間から10日後に抜糸の予定なので、それまでに術後服に慣れてくれるといいんだけど。ちなみにユキオは、幼少期におかーちゃんによって無理やりこんな恰好させられていたので、わりとハーネスとかも平気。
ぼくゆきおでつ
おかーちゃんお手製ハーネスを装着する、ちんまいユキオ。

あとは同じブログで紹介されていたこちらの方法も、ぜひ試してみたいと思っております。カップはもう買ってあるんだぜ……!

ひしょひしょ
「うち、こんな生活もういやや……」 「がまんするでつイサコ。それもこれもモンプチのためでつ」


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
なんと美しき兄妹愛……!(違

※今回参考にさせていただきましたブログ『癒しの仔猫』さま、ありがとうございました。
| ねこトーーク | comments(8) | |
イサコ、ふみふみにハマる
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
じゃじゃーん
こっ、これは……!

きのう郵便受けを開けましたらば、こんなステキな贈り物が届いておりました!日頃お世話になりっぱなしのリヴさんのブログ『春と秋のねこぶー』が、開設1周年ということで素晴らしきプレゼント企画を用意してくださったのです!うん、もちろんちゃっかり応募したけど、やっぱりはずれた。
で、こちらは応募者全員プレゼントのかえさくチャーム。なんだろう、「イサコも同じくアメショの血を引いてます♪」とか言ってしまったことを激しく後悔しそうになる、美しきさくらちゃんとかえでくんのお姿。なんかね、後光が差して見えますよ?(気のせい??

目線の位置に吊るしておくと、もれなくかえさくちゃんに見つめられているようなステキな気分になれるので、PC周りにしっかり飾らせていただきますっ!ありがとうリヴさん!!!


さてタイトルの件。
ふみふみふみふみ
恍惚のイサコ。

イサコがここ最近、いわゆるふみふみをし始めたのであった。例の、子猫時代に母猫のおっぱいをふみふみしてお乳を飲んでいた気分を思い出して幸せな気持ちになっているらしいと噂の、あのふみふみです。

無心・・・
みぎ、ひだり、みぎ、ひだり、みぎ、ひだり……(エンドレス

ユキオには指チュッチュという赤ちゃん返り行為があったのですが(残念ながら最近2度目の卒業……涙)、イサコにはそれらしきものがまったくなく、このふみふみもやっているところをほとんど見たことがなかったので、「やっぱり小さい頃に母猫と離れてしまって、甘え方を知らないのかなぁ」と少し心配していたのです。だのに突如覚醒。
もうね、1日に何度も何度もふみふみふみふみしてるわけですよ。で、その場所は決まってソファーの上。そしてふみふみしているのは、これ。

 
「キャットニップ入り ハンドプレーヤー」

ぐーぐーぐーぐー言いながら、このトラ柄手袋をふみふみふみふみしているわけです。かわいいの。ものすごくかわいいんだけど、テレビ見てるときに傍でやられると、うるさくて音声が聞こえない(笑)。

・・・ハッ!
「ええやんかー。おかーちゃんのいけずー」

ちなみに、そっとこのハンドプレーヤーに手を入れておくと、もれなくイサコに自分の手をふみふみしてもらえるという嬉しい事実におかーちゃんは今日気が付いた……!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
手袋越しにふみふみされてニヤニヤしているわたしを、人はへんたいと呼ぶのだろう。
| ねこトーーク | comments(3) | |
イサコ、転院する
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
呼んだ?
イサコの最近のお気に入り場所。実は上手におりられない。

なんだか最近、うにーんうにゃーんと鳴くことが増えた(前はほとんど鳴かなかった)り、床の上でごろりんごろりん転がることが増えた(前はry)りしてきたイサコ。「こ、これってもしや……!」と恐怖に怯えたおかーちゃんは、いつもと違う病院へイサコを連れていったのだった。


ここで補足。
イサコはこれまで2つの病院にかかってました。1つはしっかりした眼科の設備をもつ、犬猫専門病院。ここでイサコの白内障がわかったのですが、片道30分くらいかかるのでイサコの目の件でしか通院してません。
もう1つが、ユキオを拾ったときもイサコを拾ったときもお世話になった近所の動物病院。ユキサコのOPPがなかなか完治しなかったり、レントゲンの機械が壊れたままずっと修理されてなかったり、イサコの右目の異変を相談してもあまり心配してもらえなかったり……と、これまで数々の不安要素があったのですが、先生と受付のお姉さんの人柄がよかったのと、診療受付時間が長かったのを理由に、これまでかかりつけ医院にしてきました。

が、この春先生が他支店へ異動になり、先生も診療時間も変わって非常に使いづらい感じに。イサコの避妊手術を相談したときも、「手術できなくはないですけど、もっと大きくなってからの方がいいですよ」とあまり乗り気でなかったり、「ここでは手術できないので(たぶん設備の問題と夜間スタッフがいなくなったせい)、ここで預かったあと他支店まで連れて行って手術してまたここまで連れてきます」とか言われたり、……なんかビミョウ。実際、某巨大掲示板で口コミを検索してみたら、見なきゃよかったと思うような評判しか出てきませんでした。
で、このたび転院を決意したわけです。

やっぱ誰か呼んだやろ?
「おかーちゃん、しっかりしてくれな困るわぁ!……ほいで、降りられへんのやけど助けてくれる?」


閑話休題。
今度の病院は、前のところから2〜3分ほどしか離れていないところにあるので、距離的には全然OK。ただ、病院の外観がオサレすぎて、拾い猫を連れて入るには気後れしていただけという(笑)。でも今日診察を受けてみて、そんな心配の必要はまったくなかったことを知りました。院内もきれいだったし、先生も若くて気さくで親切で、とてもいい人だった!あとは、エキゾチックアニマルの診療を受け付けている病院なので、それ系の動物と鉢合わせしないのを願うばかり(笑)。

で、本日の診察。手術をするには小さいと言われてきたイサコの状況を見てもらうのと、拾ったときに事故で折れていたあごの骨がその後どうなったかずっと気になっていたので、レントゲンを撮ってもらうことに(前の病院はレントゲン壊れてたので撮ってもらえなかったんだな、これが・汗)。

まずイサコを見て先生の第一声が、
「え……、これでも小さいって言われたんですか?
なんかね、全然大丈夫な大きさらしいよ(汗)。むしろ、月齢的にも季節的にも発情期が来るころだろうから、早めに済ませたほうがいいかも、とのことでした。あっぶねー!
あと、あごのレントゲンを撮ってもらったところ、骨折個所は完全に治癒しているとのこと(!)。キレーにくっついてるそうです。食後に口の周りをペロペロするとき、右側(骨折側)だけやりにくそうにしていたから心配してたのだけど、全然無問題だそうです。思わぬところでイサコのどんくささがまたしても立証されてしまう結果に。

痛かってん・・・
「だってな、ペロペロするのにも利き手的なものがあってな……利き舌、みたいな?」

あと、事故にあったことがある子は内臓に障害が残っている可能性もなくはないとのことで、念のために血液検査もしてもらってきました。結果はまた後日。いずれの検査も説明がしっかりしていて、検査を受けるかどうかもその必要度を話したうえで確認してくれるので嬉しかったです。今後この病院をかかりつけにすることに決定(早!)。

そして、イサコの避妊手術は、あさって4月1日にしてもらうことになりました。日帰りできるんですってよ!(ユキオのときは2泊もした……)

どきどきどきどき・・・
「お泊まりせんでもいいの?ちょっとだけホッとしたかも……ちょっとだけな」

=======================
(追記)
肝心なことわすれてーた!
避妊手術なのですが「卵巣だけ取るか、卵巣も子宮も両方取るかどちらにします?」と聞かれてたのだった。手術当日までに決めておいてね、とのこと。子宮も取っておいた方が病気のリスクが減る……的なことを聞いたことがあったのですが、子宮を取っても完全に摘出できるわけじゃなく一部だけ残ってしまうので、病気のリスクとしては卵巣のみの摘出とあまり差はないそうです。傷の大きさとかもあまり変わらないそう。ちょっと決め手に欠けるので、みなさんのところではどうされたか、参考にさせてもらえたらなぁと思いました。

メス猫の避妊手術を受けさせた方、ぜひぜひコメントよろしくお願いしまっす☆
=======================


無事に手術が終わって、1日も早くいつものおてんばイシャコに戻ってくれることを、おかーちゃんは願っておるよ!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
ちなみにイサコ、アメショの血はかなり濃いだろうと言われました。じゃないとこんなにはっきり模様が出ないんですってよ!で、「純血だともっと顔がつぶれてると思います」……だって(笑
| ねこトーーク | comments(5) | |
汎用箱型猫式住居・弐
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
どーこや♪
イサコ嬢が入っているのは、

おかーちゃん謹製
おかーちゃんお手製段ボールハウス(もはやアスレチックではなくなった)、弐号機。

初号機がユキオには不憫なサイズになってしまったので、手頃な箱で作り直したのであった。バージョンアップどころか、かなりの手抜き感が漂う一品。ちなみにユキサコのおもちゃ入れとしても兼用されていたりする。

〜♪
「でも、うちもお兄やんも、案外気に入っとるねんで」

・・・くあぁぁぁっ!
「ここで昼寝すると、お兄やんにベロベロされんで済むしな」

ん?
「せやからおかーちゃんも、その穴からモフモフせんといてや」

……心を読まれている!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
だってそこで昼寝されると、ちょうどモフりやすい位置に穴があるわけよ。
| ねこトーーク | comments(4) | |
ジェラシーおすそわけ
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
すーすーすー
ポイントは、イサコの足をなにげにはさみ込むユキオの手もと。

先日はおかーちゃんの揺れる思いを赤裸々に吐露したわけですが、それもこれもユキオとイサコがいつもいつも必要以上に仲良く眠っているせいなのだと思うわけですよ。そうでなければ、こんなみにくい嫉妬心をわたしが知ることもなかったのに……!(どこの昼ドラ?

なので本日はユキサコのなかむつまじい就寝風景をごらんいただくことにより、みんなにもわたしと同じジェラスィーを味わわせてやる……!という極めてアフォ極悪な趣旨でお送りしたいと思います。さぁ思う存分ギリギリするがよいわ!

すーすーすー
まくらにしたりされたりは、いつものこと。

すーすーすー
ほら、気づいたらギューってしてる!

すーすーすー
まるで新婚さんのようなこのラブラブっぷり!

ギリギリギリギリ……!さてみなさまにも、十分嫉妬心をご堪能いただけましたでしょうか?わたしは毎日嫉妬しています!キッパリ


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
初対面のときのあの仲の悪さはなんだったんだろう……(遠い目
| ねこトーーク | comments(5) | |
おかん、揺れる思い
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
すよすよすよ・・・
なんという兄妹愛……!

猫飼いの醍醐味のひとつに、「ぬくぬくのニャンコといっしょに布団で眠る」っていうのがあると思うのです。猫ってなかなか体温高いですからね。冬場なんぞ、まさに極楽!なのでしょう。

だがしかし、わが家には「ユキサコはおとーちゃん・おかーちゃんの寝室に出入りするべからず」という鉄のおきてがあるのであった。ガッデム!!

というのも、ユキオを拾ってきた当初、そのあまりの小ささに「こんなのと一緒に寝たら、わたし絶対寝がえりで踏みつぶしちゃう!」という嫌な感じに絶対的な自信があり、自らユキオと一緒に寝ることを放棄したわけです。ザ・自業自得。
もちろん今ではユキオもイサコもまるまると肥え太り、寝がえりなんぞで踏みつぶす心配もなかろう(つか、自力で逃げ出すだろう)とは思うのですが、一度根付いてしまった習慣。たぶん、今のまま別々に眠った方が、お互いにゆっくり眠れることはわかりきっているのです。リビングで昼寝してるときでさえ、ユキサコはちょっと離れたところで寝てるしね!(寄り添ってくれるのはほんとうにたまーーーにあるかないか)
でもやっぱり、「今日もうなされて起きたら、お腹の上にニャンコが乗ってた☆」とか「ニャンコがわたしの腕枕で寝てくれるのは嬉しいけど、手がしびれちゃって困るよー☆」とか「今朝もまた、ニャンコにお顔をザリザリなめられて目が覚めました☆」とか、うらやましすぎる……!ギリギリギリ

安眠は死守したいが、ユキサコがぴったり寄り添って眠っている姿を見ると、ジェラシーとも焦燥ともつかぬ思いが、チリチリと胸にこみ上げるおかーちゃんなのであった。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
でもきっとスカさんに交渉したら「だが断る!」って言われるんだZE☆(涙
| ねこトーーク | comments(6) | |
ユキオ、成長を自覚する
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
ぼくでつよ。
みっちり。

ユキオがわが家にやってきて間もないころ、ちょうどいいオモチャになるかなーと思ってこしらえてみた、おかーちゃん特製段ボールアスレチック(修繕につぐ修繕を重ねた形跡あり)。ふと思い立って納戸から引っ張り出してみたけれど、やはりもう小さすぎるのであった。当時はこの中でちょこまか走り回れるほど、ユキオも小さかったのになぁ。

・・・カチン!
右側の小さいほうの穴から出入りしてたなんて、ウソみたいだ。

少し前の記憶を懐かしんでいたら、ユキオの何かに火をつけてしまった。
やってやるぜ☆
「ぼく、今でも小さいほうの穴から入れるでつ!きっと!」

えーと、ユキオくん。無理はしない方がいいと思うよおかーちゃんは……

・・・。
「……(ソンナバカナ!)」

ずーーん・・・
「今日からイサコのカリカリを盗み食いするのはやめにしまつ……」

ひとり盛り上がった挙句、すっかりへそを曲げてしまった様子のユキオ氏。まぁ、ふてくされてる姿もかわゆいので、おかーちゃんは無問題だよ。むしろ盗み食いはやめておくれ。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
とは言え、ここまで大きくなってくれたことがやっぱり嬉しいおかーちゃんなのであった。
| ねこトーーク | comments(0) | |
イサコの愛情
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
チュ!
すやすやと眠るお兄やんに、愛のチッス。

基本的にはいつもユキオにねぶりたおされてばかりいるイサコですが、そんな彼女だってたまにはお兄やんに毛づくろいしてあげることもある。

んべーーろん
あ……れ?毛流れとか全然無視?(汗

結果、こうなる。
わっさー
すっげー逆立ってる。

やーめーろーやー
半分眠ったままですが、ユキオも何かしら身の危険を察知したようです。拒否権発動。

あと、イサコのがユキオより毛の密度が高いためなのかどうなのか定かではないが、イサコの唾液の分泌量がすごいのね。よって、お兄やんの頭はびっちゃびちゃになります(イサコによる念入りな毛づくろい後)。ユキオがイサコを毛づくろってるときには、そんなことないのになー。不思議。

ぎゅう!
結局のところ、しあわせそうに眠るふたり。

おあとがよろしいようで。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
今日の写真は携帯で撮りました(デジイチ取りに行くのが間に合いそうになかった
| ねこトーーク | comments(3) | |
イサコ、本領発揮?!
JUGEMテーマ:2匹の猫の暮らし
うちはただのーねこやないんやでー♪
イサコは横顔がかわいいと思う親バカ心。

先日おこなった姓名判断により、まさかの『金運猫』であることが発覚したイサコ。
まあね、おかーちゃんもね、「いやっだー!イサコったらそんな力があったなんて……ますますかわいがっちゃうZO☆」くらいの気持ちで結果を受け止めていた(話のネタにしたかっただけ、とも言う)わけですがね

もしかして……もしかするのかもしれないよ!!!

実はわが家、なにげにジャンボ宝くじだけはここ数年買い続けておりまして。買い始めてすぐの頃にうっかり5万円くらい当たっちゃったのがクセになり、それからずーっと買い続けておるのですが、まぁ簡潔に申し上げるとそれ以来下1ケタしか当たったことないわけですよ。
で、一番最近ではグリーンジャンボがつい先日、当選番号の抽選を行ったばかりなのですが

1万円が2枚と、3千円が1枚当たった。

も、も、もとが取れたよーーー!!!(今回のグリーンジャンボ購入分に対して
喜びの規模がセコイ、とか決して言ってはいけない。たぶんね、ここからますますイサコの実力が発揮されていくに違いないとおかーちゃんは思うんだ!

ほんまは金運ねこなんやでぇー♪
「欲を出すとダメになるのが、人の世の常なんやでおかーちゃん」

……えっと、これからもセコイ夢を見続けようと思います(汗


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
私信:みっちょん、あの売り場 やっぱり当たるでー!
| ねこトーーク | comments(4) | |

ISACO'S VOICE



【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

PROFILE

ユキオ ユキオ
2009年春生まれの日本男児。チョビヒゲとかぎしっぽがチャームポイントの白黒はちわれ猫。モンプチ缶を見るとヒーハー!してしまうが、実はとんでもないチキン・ハートの持ち主。

イサコ イサコ
2009年夏生まれのアメリカン。交通事故により右目に白内障を患う可憐な美少女(ブサカワ説あり)。おかーちゃんも手を焼くおてんば娘だが、ときに“猫もビックリ”のどんくささを発揮。

おかーちゃん カナメ
通称おかーちゃん、もしくはおかん。ユキオとの出会いにより突如として猫愛に目覚めたアラサー専業主婦。

おとーちゃん スカさん
通称おとーちゃん、もしくはおとん。動物園の飼育員になるのが夢だった根っからの動物マニア。

キャン太 キャン太郎
通称キャン太。2010年12月、新たにわが家の一員として参入。特技は空気を読むこと。生後9ヶ月にして20パウンドブラザーズにめでたく加入決定!

PR

ミチポケみっちょんさんのステキ企画。
イサコも絶賛参加中。


キジ集会もあるよ。

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH THIS SITE.

  

COMMENTS

FAVORITE SITE

OTHERS

SPONSORED LINKS